大切な人を送るときに後悔しないための葬儀ガイド【千葉・富里編】 » お葬式には種類がたくさんある【富里編】 » 一般葬

一般葬

富里エリアで一般葬を請け負う葬儀社リスト

ナリコー

ナリコーセレモニー引用元:ナリコーセレモニー(http://www.narikoh.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

ナリコーセレモニーの基本情報

一般葬の料金 45万円(白木祭壇Eプラン)
特徴 ナリコーは、確かな実績ときめ細かい対応力が評判の葬儀社です。
見積もりの段階で1円単位まで算出してくれる会計明朗さと、在籍スタッフの8、9割が葬祭ディレクター1級資格を持っている、というのが大きな特徴。親族の気持ちを最大限尊重できるよう、マナーに関しても外部の指導を入れて、ホスピタリティの高い対応ができるよう配慮していると言います。
また、公営斎場のように込み合わないので予約が取りやすい、シャワーや駐車場台数など設備が充実しているといったメリットがある、「自社斎場の有無」もチェックしたいポイントです。
一般葬にかんする口コミ ・スタッフの皆様に優しくしていただき、落ち込んでいるとフォローをしてくれたのでとっても助かりました。葬儀がスムーズに終われたのは担当者の方のおかげです。
・主人が亡くなる10日前に伺いました。担当の方はとても親切丁寧。人柄も良く、よく気配りをしてくださる方でした。家族の沈んだ気持ちを和ませてくれて、満足のいく葬儀が行えました。
・色々と親身に相談に乗っていただき、落ち込んでいる私を手厚くフォローしてくれました。無事に母を送り出すことができました。感謝してもし足りないくらいです。安心してお任せできました。
所在地 千葉県成田市三里塚光ケ丘1-1331
自社斎場の有無

蒼葉葬儀社

蒼葉葬儀社引用元:蒼葉葬儀社(https://www.sougi-sos.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

蒼葉葬儀社の基本情報

一般葬の料金 77万8,000円(斎場費用別)
特徴 青葉葬儀社では、「家族が故人との最後の時間を大切なものにしてほしい」との志をもとに、高齢化や核家族化といった現代の状況に合わせた葬祭サービスを提供しています。
一般葬のほかに、家族葬や直葬といった小規模の葬儀にも柔軟に対応。追加オプションも用意されているようなので、プラン内に項目がない場合でも要望があれば積極的に相談されてみることをおすすめします。
一般葬にかんする口コミ ・義父の葬儀をお願いしました。夫も義母も先に他界していたので、喪主は私でした。すごく不安だったのですが、こちらの状況を組んで中身の充実したプランを提案してくださって、ありがたかったです。おかげさまで素晴らしい葬儀ができたと思います。
・主人の葬儀でお世話になりました。もう5年も前の話ですが、最近ようやくきちんと振り返ることができるようになり、何も考えられなかった私をしっかりサポートしてくださった皆さんに感謝しています。ありがとうございました。
所在地 千葉県松戸市六高台8-191-13(千葉営業所)
自社斎場の有無

成南協心社

引用元:家族葬のせいなん(http://www.sougi-s.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

成南協心社の基本情報

一般葬の料金 60万5,000円(市営2-2の場合)
特徴 成南協心社は家族葬に強い葬儀社ですが、市営斎場(八富成田斎場)を利用した一般葬のプランも用意されています。数は家族葬ほど豊富ではありませんが、一般的な範囲であれば十分に対応してもらうことが可能です。
地域密着型の葬儀社であるうえ、親族の目線に立ったきめ細かいサービスに定評があるため、会葬者に対しても勘所を押さえたきめ細かい対応が期待できるはずです。
一般葬にかんする口コミ ・昔、父の葬儀でお世話になったことがあり、その時は今よりもう少し安かった記憶があります。ただ、サービスの内容も当時よりも充実しており、上がった料金に見合うはたらきをしてくれたと思います。
・市営斎場プランを利用させてもらいました。規模が大きめだったのですが、しっかり仕切ってくれたと思います。スタッフさんがサポートしてくれたおかげで、こちらの負担も最小限でした。
所在地 千葉県成田市並木町147-4
自社斎場の有無

一般葬とは?

一般葬とは、職場の同僚や友人、近所付き合い等、故人と関係のあった人に幅広く葬儀に参加してもらう、その名の通り一般的にイメージするお葬式のことを言います。

少子高齢化や隣近所との関係の希薄化が進む現代では、一般葬を選択する人は減少傾向にありますが、しきたりや慣習を重んじる家柄だったり、故人が幅広い人間関係を持っているような場合は、やはり一般葬を選ぶケースが多いようです。

一般葬と家族葬の違いはあるの?

近年、親族や故人と本当に近しい友人だけで葬儀を執り行う、家族葬という形のお葬式も増えています。

家族葬に厳密な定義はありませんが、一般に少人数で行う葬儀=家族葬、大人数で盛大に行う葬儀=一般葬、というようなニュアンスで使うことが多いようです。

家族葬と一般葬、どちらを選ぶべきかというのは、家族の状況や故人の意思によって違ってきますので、一概には言えません。ただ、千葉は、比較的一般葬が多い傾向にあるようです。

総評

千葉県は、他の都道府県に比べると葬儀の平均費用が高いというデータがあります。

その背景には、「昔ながらの葬儀で、盛大に華やかに行いたい」「少しでも多くの人に参列してもらいたい」というような思いがある様子。

そのため、葬儀を考える場合も、会場が広く、多くの会葬者を許容できる一般葬を選ぶ人が多いようです。

TOPへ