大切な人を送るときに後悔しないための葬儀ガイド【千葉・富里編】 » お葬式には種類がたくさんある【富里編】 » 家族葬

家族葬

富里で家族葬を請け負う葬儀社リスト

ナリコーセレモニー

ナリコーセレモニー引用元:ナリコーセレモニー(http://www.narikoh.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

ナリコーセレモニーの基本情報

家族葬の料金 家族葬Eプラン:税込275,400円~
特徴 ナリコーセレモニーは、血の通った対応力と明朗会計に定評がある葬儀社。
スタッフの8、9割が葬祭ディレクタ―1級資格を持っていることに加え、マナーに関しても外部から講師を招いて教育しているといいます。
費用に関しても、見積もりの段階で1円単位まで算出し、その後も極力追加費用が発生しないよう配慮。スタッフ対応と費用面、双方で高い評価を得ています。
また、自社斎場を持っているからこその、15種類もの豊富な葬儀プランにも要注目です。
家族葬にかんする口コミ ・葬儀にあたってなにをどうしたらいいのかわからない私に、いちから丁寧に説明してくださって、すごくありがたかったです。おかげで自宅でゆっくりと主人を見送ることができました。細々としたことをほとんど代行していただき、感謝しています。
・葬儀の流れやこれからの不安に対して、先回りでケアしてくれてました。若いスタッフさんでしたが、本当に信頼できる方で教育レベルの高さに感心いたしました。おかげで無事葬儀が終わり大満足です。本当にありがとうございました。
所在地 千葉県成田市三里塚光ケ丘1-1331
自社斎場の有無

成南協心社

成南協心社 引用元:家族葬のせいなん(http://www.sougi-s.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

成南協心社の基本情報

家族葬の料金 せいなんSKホール メルシー:税込553,850円~
特徴 成南協心社は、成田市に2つの自社斎場を持つ葬儀社です。斎場はいずれも家族葬専用で、施設の広さや設備なども小規模の葬儀に合わせた造りとなっています。
家族の時間を十分に取れるよう、葬儀の進行管理や役所手続きの代行など、豊富な知識を持ったスタッフがしっかりカバー。
料金についても、追加費用が発生しないよう入念に見積もりをしてもらえるので、予算オーバーの不安なく葬儀を行うことができます。
家族葬にかんする口コミ ・亡くなったのが夜遅くで、そこから対応してもらったのですが、スタッフさんはイヤな顔せずに対応してくれました。料金的にも妥当だったと思います。ありがとうございました。
・相談をしに行った時の対応がとてもよかったです。喪主を務めるのがはじめてで、なにもわからない私をサポートしてくれました。滞りなく葬儀をすすめられてホッといたしました。
所在地 千葉県成田市並木町147-4
自社斎場の有無

蒼葉葬儀社

蒼葉葬儀社引用元:蒼葉葬儀社(https://www.sougi-sos.com/)

※画像クリックで公式HPへ

※画像タップで公式HPへ

蒼葉葬儀社の基本情報

家族葬の料金 小規模家族葬プラン・ファミリースタンダードプラン:378,000円~(税についての記載なし)
特徴 「精神的」「肉体的」「経済的」負担の少ない葬儀、という理念をもとに、質の高い葬儀サービスを提供している青葉葬儀社。
古くから伝わる儀礼的な風習を踏襲するだけでなく、現代の家族形態に合わせた新しい葬儀プランを豊富にラインナップしています。
家族葬、直葬といった近年増えている葬儀タイプはもちろん、さまざまな追加オプションも用意し、幅広いニーズに柔軟に対応。多くの利用者から高評価を得ています。
家族葬にかんする口コミ ・父の葬儀でお世話になりました。料理や返礼品のグレードアップをしたので、見積もりよりも高くなりましたが、おかげさまで納得のいく葬儀ができました。
・私たちは満足していたのですが、遠方に住んでいる本家の方に家族葬についての不満をもらいました。一度は納得してくれたはずなのですが、やはり参列したかったとのことです。スタッフさんも慎重に検討するように念を押してくれましたが、その意味が今わかりました。素直に話を聞いておけばよかったと少し後悔していますが、対応はとてもよかったです。
所在地 千葉県松戸市六高台8-191-13(千葉営業所)
自社斎場の有無

家族葬とは?

家族葬という名称からすると、家族だけで行うイメージがありますが、会葬者は任意です。そもそも家族葬という言葉に厳密な定義はないのですが、一般的には、親族や故人と関係の深い人だけで行う小規模な葬儀、というようなニュアンスで使われています。

葬儀に誰を呼ぶか、という点が多少デリケートではあるものの、故人を深く知っている人だけでゆっくり最期の時間を過ごせる葬儀のスタイルとして、近年注目を集めている葬儀の形です。

家族葬が増えている

家族葬が増加傾向にあるのは、会葬者の対応に時間を取られず、故人とゆっくりお別れできるため。また、規模が小さいため、本当に必要な部分に絞って費用を掛けられることなどが主な理由です。

もちろん少子高齢化や日本の経済状況なども背景にあるのでしょうが、たんに少人数で低料金、というだけでなく、故人とそれに近い人だけで濃い時間が過ごせる…という点を評価して家族葬を選んでいる人も少なくないようです。

総評

家族葬は、小規模・低コストという現代のニーズにマッチしていながら、十分に満足のできる葬儀を行うことができる、新しいお葬式の形です。

規模が小さい=質素とならないよう、各葬儀社も充実した内容の家族葬プランを用意しています。本当に関係の深い人だけで葬儀をしたい(またはしてほしい)という人は、まず葬儀社を訪ね、見積もりを出してもらうことをおすすめします。

TOPへ