大切な人を送るときに後悔しないための葬儀ガイド【千葉・富里編】 » 不安は解消しておこう!葬儀についてのアレコレ » 葬儀トラブル

葬儀トラブル

知っておきたい葬儀トラブル事例

葬儀トラブルの中でも、比較的よくあるケースをピックアップして まとめました。

葬儀社の選び方がわからなかった

葬儀は病院の指定業者が行うものだと誤解して、スタッフに言われるままに依頼してしまうというケースが少なくありません。

大きな病院では霊安室に葬儀社のスタッフが常駐しているため、それが普通だと納得してしまうのも無理のないことでしょう。

しかし病院指定の業者は、あくまで自宅等の安置場所への搬送を請け負っているに過ぎません。

葬儀社は自由に選べるものですので、料金やプラン内容等が納得できる業者を落ち着いて吟味されることをおすすめします。

事前の想定よりも高くついた

葬儀のプラン内容は、業者により大幅に内容が違います。

例えば広告に掲示されている料金が安かったとしても、そのプランに自身の要望に適う項目が含まれていなければ、追加費用を支払って対応してもらうことになります。

適正価格で後悔のない葬儀を実現できるよう、見積もり金額とサービス内容をしっかりチェックしておきましょう。

葬儀社が希望を叶えてくれなかった

ひと口に葬儀と言っても、故人の嗜好やご家族の意向によって、細部の演出はさまざまです。

しかし業者によっては、そうした細々した希望を叶えてくれないケースもあります。とくにフランチャイズで業務を請け負っているような業者の場合、運営母体のルールを破ることができないため、形式化された対応となることが多いようです。

何か独自の希望がある場合は、依頼前にそのことをしっかり伝え、実現してもらえるかどうかを確かめておくことが大切です。

葬儀社の営業が強引だった

本来あってはならないことですが、遺族の意向に反して、強引な営業をしてくる葬儀社というのも存在します。

家族葬で慎ましく送りたかったのに、世間体や故人の感情などを勝手に決めつけて、希望とは違う規模の大きな葬儀を行うことになってしまった、というようなケースも見られます。

パターンはあるにせよ、葬儀の形に決まったものはありません。家族が納得できるものであるなら、それで充分なはずです。

望まない葬儀に余分なお金を掛けることのないよう、じゅうぶん気を付けましょう。

TOPへ