大切な人を送るときに後悔しないための葬儀ガイド【千葉・富里編】 » 不安は解消しておこう!葬儀についてのアレコレ » 葬儀の流れ

葬儀の流れ

お葬式(仏式)の大まかな流れをチェック

以下、仏式によるお葬式の大まかな流れです。

逝去・葬儀社への連絡

葬儀社に連絡を取り、遺体を搬送する手配をします。この時まだ依頼先が決まっていないようであれば、病院指定の葬儀社が対応してくれます。そのまま葬儀まで依頼するか、葬儀は別の葬儀社に依頼するかは、自由に選択できます。

また、ご遺体の搬送は、死亡診断書がなければできません。間違いなく医師に書いてもらえるよう、確認しましょう。

故人と近しい人への連絡

葬儀社が到着するまでに、故人に近しい人に逝去の旨とご遺体の搬送先を伝えます。

搬送

死亡診断書を持った上で、葬儀社の寝台車でご遺体を安置場所に搬送します。安置場所は自宅か斎場が選ばれることが多いです。

ただ、斎場に搬送する場合は、あらかじめ葬儀社と斎場を押さえておく必要があるため、事前の準備が不可欠となります。

安置

搬送先にご遺体が到着したら、各宗派のしきたりに従って安置します。祭壇や死に装束等は葬儀社の方が手配してくれるので、準備等は不要です。

また、早めに菩提寺に連絡をとり、お坊さんに来てもらうよう手配しておきます。

お葬式の打ち合わせ

葬儀社のスタッフに死亡診断書を預け、火葬許可証の取得など諸々の手続きを代行してもらいます。

また、喪主や世話役、会計など、近親者にお葬式の役割を割り振ったり、斎場や火葬場を確定したり、お葬式の準備を進めます。

お葬式の段取りが決まったら、親せきや故人の友人、自治会長などに連絡を取りましょう。

納棺

ご遺体を清めて死に装束を着せ、棺に納めます。

お通夜

お通夜は18時から始まるのが一般的ですが、喪主は16時には会場に入って準備を進めます。17時半より受付を開始し、18時から葬儀社のスタッフによる進行のもと、お通夜が始められます。

お坊さんによる読経と参列者による焼香を終えたら、閉会となります。

通夜振る舞い

仕出しのお弁当やオードブルなどを弔問客に振舞います。

葬儀の打ち合わせ・開式

葬儀の開始から1時間前くらいを目途に、葬儀社のスタッフとお葬式の段取りを確認します。

時間になったら、葬儀社のスタッフによる進行のもと、お葬式を開式します。

閉式・出棺

読経・弔辞・弔電の読み上げ・焼香の順に式が進み、閉式の宣言をして終了となります。

その後、生花を故人に添えて棺に蓋をし、近親者の男性陣で霊柩車まで運びます。喪主は会葬者にあいさつをし、故人に近しい人たちと共に火葬場へと向かいます。

火葬

火葬場に付いたら、棺と共に火葬炉の前まで移動します。そこで棺の窓を開き、最後の別れを告げます。

火葬炉へ棺を送り出したら、一同は別室で待機することとなります。

骨上げ

火葬が終わったら、拾骨室で遺骨を骨壺に納めます。

喪主が骨壺を、遺族が位牌と遺影を持ち、自宅へと向かいます。

精進落とし

自宅に戻ったら、お坊さんやお葬式を手伝ってくれた人達を呼んで精進落としを行います。

精進落としのあいさつが、喪主の表立っての最後の務めとなります。

TOPへ