大切な人を送るときに後悔しないための葬儀ガイド【千葉・富里編】 » 千葉県のお葬式の傾向や風習は?

千葉県のお葬式の傾向や風習は?

お葬式の風習は、時代によって大きく移り変わっていきます。例えば近年は、お葬式と聞いてまずイメージするような一般葬(近隣から会葬者を募るお葬式)ではなく、故人に近しい人たちだけで行う家族葬が増えてきています。

核家族化が進んでいることや、ご近所づきあいが乏しくなっていること、お葬式費用が高くつくことなど、要因はさまざまですが、いずれにせよ今まで当たり前だった葬儀の形が変わってきていることは事実です。

風習を踏襲するのは大切なことですが、自分やご家族が望む形のお葬式ができるなら、それに越したことはありません。風習はあくまで風習として考え、後で後悔しない選択肢を選んでいただけたらと思います。

千葉ならではのお葬式の風習

千葉県のお葬式は、近代化が進んでいる千葉市とそれ以外のエリアで少し風習が違います。

千葉市のお葬式は、東京などと同じように、葬儀の後に火葬を行います。これを後火葬というのですが、同じ千葉県でも、房総エリアでは、先に火葬をしてから葬儀を行う前火葬というやり方が主流とされています。

ほか、千葉県北東部の匝瑳エリアでは、同じ前火葬ではあるものの、お通夜より先に火葬を行うなど、若干の違いが見られます。

お葬式にあたっては、自治体内や近所間でお互いにお葬式を手伝いあうといった風習も残っており、ご家族ですべてを切り盛りするといった負担は小さい傾向にあるのも特徴的です。

住職への連絡やお葬式の段取りなどを進めてくれる、葬式組という集まりを組織しているエリアもあります。

これ以外にも、お通夜の時に夜通しで寝ずの番をする夜伽や、会葬者に紅白の紐を通した5円玉を配る長寿銭など、独自の風習が千葉県には根付いています。エリアによってもかなり違いがあるので、細かい風習を知りたい人は、葬儀社の人に尋ねてみることをおすすめします。

今回、葬儀社からご協力をいただいて、このサイトでまとめている富里での葬儀の風習をまとめてみました。富里での葬儀を検討されている人は、ぜひこちらにも目を通してみてください。

TOPへ